スポンサードリンク
Home >> 買い物 >> 夏目漱石『こころ』+『デスノート』の作画小畑健さんのイラスト=中国で売れる?

夏目漱石『こころ』+『デスノート』の作画小畑健さんのイラスト=中国で売れる?

評価:
夏目 漱石
集英社
¥ 320
(1991-02-25)

握手券や総選挙の投票権をCDとセットで売るAKB商法。いろいろな意見はあると思いますが、売れづらくなったものへ付加価値をプラスして売るという意味では、面白なと感じる売り方です。

上記の表紙の本は、夏目漱石の名作『こころ』(2008年発売版)です。

表紙絵は、『DEATH NOTE(以下デスノート)』作画担当の小畑健さんの書いたものです。

この『こころ』が中国で売れています。

私が熟読しても理解することは一筋縄では行かない『こころ』は、永東書店やオンラインショップのタオバオ、個人輸入業者などを通じて、海越え中国国内で輸入販売されています。

永東書店だけでもすでに200冊以上が売れたというから驚きです。

購入者の目的は、本文ではなく表紙絵。『デスノート』や『バクマン。』などの小畑さんのファンがイラストとして購入しています。

また、文庫なので320円という低価格も購入のハードルを下げているようです。

私の世代だと、小畑健さんのイメージは、『デスノート』よりも『CYBORGじいちゃんG』なのですが(笑)

歴史的な小説+人気漫画家のイラストの組み合わせは、知恵を出した商法として興味深いです。

余談ですが、『デスノート』は中国国内では、大きな社会問題となったため有害図書扱いを受けています。

JUGEMテーマ:大連
2013.04.21 Sunday | 世界ローカル 管理人 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:買い物
Comment








Trackback

Favorite

Information

Recommend

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

  • フィリピン・セブ島でのテレフォンアポインター募集 希望者には英語学習も提供
    慶次郎@世界ローカル (05/29)
  • フィリピン・セブ島でのテレフォンアポインター募集 希望者には英語学習も提供
    あたろう (05/29)
  • 【追悼】3.11東日本大震災から3年 被災経験をどう生かしどう役に立てるか?
    慶次郎@世界ローカル (04/04)
  • 【追悼】3.11東日本大震災から3年 被災経験をどう生かしどう役に立てるか?
    poppo (03/23)
  • 【追悼】3.11東日本大震災から3年 被災経験をどう生かしどう役に立てるか?
    慶次郎@世界ローカル | (03/17)
  • 【追悼】3.11東日本大震災から3年 被災経験をどう生かしどう役に立てるか?
    poppo (03/16)
  • 【追悼】3.11東日本大震災から3年 被災経験をどう生かしどう役に立てるか?
    慶次郎@世界ローカル (03/15)
  • 【追悼】3.11東日本大震災から3年 被災経験をどう生かしどう役に立てるか?
    poppo (03/14)
  • ハードコンタクトユーザーも安心のメニコンの保存液。さくらクリニックにて提供
    慶次郎 (02/20)
  • ハードコンタクトユーザーも安心のメニコンの保存液。さくらクリニックにて提供
    太一郎 (02/19)

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode